本物の女性会員

子飼いの奴隷

子飼いの奴隷
奴隷として主に調教された女は、時に涙を流し苦しみながらも笑顔で調教に従う。どんなになじられ蔑まれ、首輪に繋がれペットのように扱われても。拘束されて足の自由を奪われ目隠しをされて見えない恐怖が襲いかかる。激しい音と共に体を走る鞭の痛み。それでも女は服従する。それは女が真性のM奴隷だから。私に自由はいりません。貴方の望むままに私の体を捧げます。
>>続きを購入

SM
>>DUGA無料会員登録はコチラから
 
2015年07月22日20時03分 | Comments(0) | Trackback(0) | 調 教
コメント

管理者だけに表示する

カテゴリ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード